About Us

大槻能楽堂について

大槻能楽堂について

大槻能楽堂は第二次世界大戦の戦渦を逃れ、終戦当時大阪市内唯一の能楽堂として、大阪の能楽界と上方文化の向上に寄与してまいりました。様々な催しを開催し、大阪の文化に大きく貢献したとして、昭和31年11月に「大阪府芸術賞」を受賞。現在に至るまで大阪の能楽を継承していく拠点として、後継者である若手が研鑽を積む稽古場として、非常に重要な役割を担っています。
昭和58年、能楽堂建物は木造から鉄筋コンクリートへと改築しましたが、能舞台は当初のまま組み直し、能楽の音楽的特質を考慮して残響時間を約1秒に設定、照明設備は舞台天井への直接組み込みを行い、橋掛りの背景は大阪城のもっとも大きい石垣を実物大に写し取ったものにするなどの工夫を加えています。三間四方の能舞台を持つ能楽堂であり、桁行梁間とも5.7メートル、切妻造妻入、檜皮葺で、右手に地謡座、背面に後座を設け、左手後方に橋掛りが続きます。舞台四方の頭貫上に中世風意匠の蟇股を置き、虹梁絵様や頭貫木鼻に華やかな渦紋を彫るなど、材工ともに質の高い能舞台です。さらに舞台・鏡板の老松は日本画家・大塚春嶺(1861-1944)の揮毫となっています(能舞台の鏡板では唯一)。
以上のことから、大槻能楽堂能舞台は、登録有形文化財登録基準(平成8年文部省告示第152号の「造形の規範となっているもの」に該当するものと評価されました。さらに令和元年度から改修工事を行い、座席、照明、空調、バリアフリー化等、設備を一新し、多目的に使用できる施設となりました。

能楽とは

能楽は、700年という永きにわたり上演し続けている、日本が世界に誇る舞台芸術です。各時代の権力者の経済的支援と民衆の応援を受けて、その舞台生命を維持して参りました。そして、2001(平成13)年には第1回世界無形文化遺産に登録されました。能は「物語」の形をとっていて、いわば「演劇」です。歌と舞と音楽で構成されているので、1300年代からある「ミュージカル」と言ってもよいでしょう。テーマは、神仏への信仰、戦いの儚さ、乙女の恋心や女性の嫉妬、親子の愛情など実にさまざま。いつの世でも変わらない人間のドラマがそこにはあります。

能楽師紹介

  • 大槻 文藏
  • 大槻 裕一
  • 齊藤 信隆
  • 赤松 禎友
  • 上田 拓司
  • 上野 雄三
  • 山本 正人
  • 浦田 保親
  • 武富 康之
  • 齊藤 信輔
  • 水田 雄晤

Contact

お問い合わせ

ご予約・ご質問・ご相談などがございましたら、
お気軽にお問合せください。
お問い合わせ