朝長 ― ともなが ―

  • 作者 不明
  • 素材 『平治物語』
  • 場所 美濃の国 青墓(現・岐阜県大垣市青墓町)
  • 季節 春
  • 演能時間 約1時間40分〜50分
  • 分類 2番目 修羅物

■登場人物

前シテ・・青墓の長者

面:曲見、深井
装束:摺箔、無紅唐織、水晶数珠、木葉

後シテ・・源朝長の霊

面:中将または今若・十六など
装束:厚板または縫箔、色大口、長絹または単法被、太刀、修羅扇

ツレ・・侍女(出ない流儀もある)

面:小面
装束:摺箔、紅入唐織

トモ・・従者(出ない流儀もある)

装束:無地熨斗目素袍上、小刀、鎮扇、持太刀

ワキ・・旅僧

装束:角帽子、無地熨斗目水衣、数珠、墨絵扇

ワキツレ・・従僧

装束:角帽子、無地熨斗目、縷水衣、数珠、墨絵扇

アイ・・青墓の長者の下人

装束:狂言上下

■あらすじ

嵯峨清涼寺の僧が朝長が自害したと聞き、亡き跡を弔う為、青墓の宿へとやって来る。朝長の墓前で弔っているところへ、青墓の宿の長者が現われ、共に朝長の死を悼み、僧を伴って宿へと帰る。僧が観音懴法によって弔うと、朝長の霊が現われ、弔いに感謝し、修羅道の苦しみを述べ、自害の有様を見せ、回向を頼んで消え失せる。

■小書

三世十方之出(観世・金剛・喜多)、草間(大蔵)、大崩之語(脇)、懴法(観世・宝生・金春・金剛・喜多)

■舞台展開

  1. 嵯峨清涼寺の僧たち(ワキ・ワキツレ)の登場。朝長が美濃の国青墓の宿で自害したと聞き、亡き跡を弔いにやって来る。青墓の長者の下人に朝長の墓所を尋ねる
  2. 青墓の宿の長者(シテ)が侍女(ツレ)と従者(トモ)を伴い登場。墓前で朝長の死を悼み、哀しみに咽ぶ。
  3. 長者は、旅僧が弔っているのを見つける。青墓の長者は、旅僧が以前は朝長と主従の関係だったとわかり、自分も朝長ゆかりの者であることを述べる。
  4. 旅僧に尋ねられ、長者は朝長の最期の有様を語る。
  5. 夕刻になり、長者は旅僧を伴って青墓の宿へと帰る。
  6. 青墓の宿の下人(アイ)の登場。旅僧に尋ねられ、朝長の最期を語る。
  7. 旅僧たちは、朝長を観音懴法をもって弔う。
  8. 朝長の霊(シテ)の登場。観音懴法による弔いを感謝する。
  9. 朝長の霊は、保元・平治の乱での父・義朝の悲運を語り、頼みにしていた者によって闇討ちされたことに対し、この青墓の宿の長者は自分の死後までも弔ってくれる深い志を喜ぶ。
  10. 朝長の霊は修羅道の苦患を述べ、最期の有様を見せると、回向を頼んで消え失せる。

このページのTOPへ

曲目解説