蝉丸 ― せみまる ―

  • 季節
  • 演能時間
  • 分類

■登場人物

シテ・・逆髪
面:掾A十寸髪または深井小面
装束:バスカシラ、摺箔、緋大口、胴箔腰帯、狂笹、鬘扇
ツレ・・蝉丸
面:蝉丸または弱法師
装束:スベカラシ、薄板、指貫込大口、単狩衣、水衣、繍紋腰帯、紅無扇、物着ニ角帽子、男笠、杖
ワキ・・・清貫
装束:風折烏帽子、 厚板、白大口、長絹、繍紋腰帯、男扇
ワキツレ・・・輿舁
装束:厚板、白大口、繍紋腰帯
アイ・・博雅三位
風折烏帽子、厚板、白大口、長絹、緑紋腰帯、男扇

■あらすじ

蝉丸の宮は、延喜の宮の第四皇子でありながら幼少時より盲目であったため、剃髪の上、逢坂山に捨てられた。蝉丸は前世の報いとあきらめ、博雅三位が設えてくれた藁屋に住んで、心の慰みに琵琶を奏でて日々を送っていた。

一方、髪が逆立つ病のために狂乱し彷徨っていた姉の逆髪は、琵琶の音を聞き、懐かしい音に足を止める。かけられた声に蝉丸と知った逆髪。姉弟は再会を喜びつつも、互いの身の上を歎き合う。そして名残を惜しみながらも、再び逆髪は彷徨の道を行き、蝉丸は見えぬ目でそれを見送るのだった。

■小書

替装束(観世)、替之型(観世)、舞入(宝生)、琵琶之会釈(金剛)

■舞台展開

  1. 喜の帝の侍臣・清貫(ワキ)と輿舁達(ワキツレ)が、第四皇子・蝉丸の宮(ツレ)を伴っての登場。盲目の皇子・蝉丸を帝の命令で逢坂山へ捨てに行くことを告げる。
  2. 清貫に自分が捨てられることを聞き、一見情のないようなことでも、これは前世の報いであるから歎かなくてよい、と諭す。
  3. 剃髪し衣を替え出家の身となった蝉丸は、蓑と杖を渡され、やがてただ一人その場に残される。
  4. 博雅の三位(間狂言)が登場し、蝉丸に同情を示し、蝉丸のために藁屋を設えて、宮仕えすることを伝える。
  5. 逆髪(シテ)の登場。延喜の宮の第三皇子として生まれながらも、髪が逆立つ病によって狂乱し彷徨っているという身の上を話し、都を出て逢坂山へと都行する。
  6. 蝉丸が慰みに琵琶を奏でていると、何やら懐かしい音がする、と逆髪が足音を忍ばせ藁屋に近づく。気配を悟った蝉丸が「博雅の三位か」と声をかけると、逆髪はその声が弟であることに気づき、姉弟は手を取り合い再会を喜び、共に身の不幸を歎く。
  7. やがて逆髪はまた再び去ることを蝉丸に告げ、留めようとする声を振り払い去ってゆく。蝉丸は見えぬ目で、涙ながらにそれを見送るのであった。

このページのTOPへ

曲目解説