求塚 ― もとめづか ―

  • 作者 観阿弥
  • 素材 『大和物語
  • 場所 摂津国 生田(現・神戸市生田区)
  • 季節 早春
  • 演能時間 1時間40分〜50分
  • 分類 4番目 執心物

■登場人物

前シテ・・・菜摘の女

面:若女節木増孫次郎小面
装束:鬘、紅入鬘帯、摺箔、紅入縫箔腰巻、水衣、紅入腰帯又は唐織着流、鬘扇、篭

後シテ・・・莵名日少女の霊

面:痩女
装束:鬘、紅無鬘帯、摺箔、浅黄大口、白練壺折、紅無腰帯、紅無鬘扇

ツレ・・・菜摘の女

面:小面
装束:鬘、紅入鬘帯、摺箔、紅入縫箔腰巻、水衣、紅入腰帯、紅入中啓、籠

ワキ・・・旅僧

装束:角帽子、無地熨斗目水衣、鍜子腰帯、墨絵扇、数珠

ワキツレ・・・従僧

装束:角帽子、無地熨斗目、縷水衣、鍜子腰帯、墨絵扇、数珠

アイ・・・所の者

装束:長上下

■あらすじ

旅僧が生田の里で女たち出会う。僧は求塚の所在を尋ねると、女たちは知らぬと言って若菜を摘み続けるが、そのうち一人を残して帰って行く。一人残っていた女は、僧を求塚へと案内し、その謂れを語り出す。その話し方は三人称から一人称へと変化し―莵名日少女の霊は僧に回向を頼んで消えて行く。僧が読経していると、塚のなかから莵名日少女の霊が現れ、地獄での身を焼くような苦しみの有様を見せ、済けを求めるのであった。そのうち一時の安らぎを得て、もとの住処へ帰ろうと言って、暗闇のなか求塚へと姿を消すのであった。

■ワンポイントアドバイス 

金春流以外では現行曲であるが、金剛流では戦前に復曲、観世流は昭和26年に観世華雪による復曲である。

■小書

各流ともナシ

■舞台展開

  1. 塚に見立てた作り物が後見によって出される。
  2. 旅僧(ワキ)、従僧(ワキツレ)が、都へ上る途中、生田の里へ着く。
  3. 里の若い女(シテ・ツレ)の登場。早春の生田の風景を叙し若菜を摘もうと言う。
  4. 若菜摘みの様子が謡われる。ツレ二人は帰ってしまい、シテのみが残る。
  5. 一人残っていた里女は、旅僧を求塚へと案内し、その謂れを語り出す。
    ―昔、莵名日少女が二人の男に求愛され、生田川の鴛鴦を射当てた者にと決めたが、二人の矢は一つの鳥の翼に当ってしまった。 少女は生田川に身を投げ、二人の男は刺し違えて空しくなった。―そして、僧に回向を頼んで塚の内へと消えていった。
  6. 所の者(アイ)の居語。求塚の謂れについて莵名日少女の物語を述べる。
  7. 旅僧、莵名日少女の亡魂を弔っている。
  8. 莵名日少女の霊(後シテ)が荒涼たる墳墓の有様、現世への妄執を述べ、塚の中から現れる。
  9. 旅僧が回向をすると、莵名日少女の霊は苦しみのなかでも御法の声を聞けたことを感謝するのだが、今も二人の男の亡心に責められ、また八大地獄の数々の苦しみの様を見せる。
  10. しばらくの安らぎの時がきて、もとの住処へ帰ろうと言って、暗闇のなかに塚を探し求め、そのまま姿は消え失せる。

このページのTOPへ

曲目解説