松風 ― まつかぜ ―

  • 作者 観阿弥の原作を世阿弥が大幅に改作
  • 素材 『古今和歌集・在原行平の歌』『源氏物語・須磨の巻』
  • 場所 摂津国 須磨浦(現・兵庫県神戸市須磨区)
  • 季節 秋

■登場人物

シテ 汐汲み女・松風の霊
面:若女節木増孫次郎小面の類
装束:鬘、紅入鬘帯、摺箔 紅入縫箔、白水衣、紅入腰帯、鬘扇、物着ニ小立烏帽子・長絹
ツレ 汐汲み女・村雨の霊
面:小面
装束:鬘、紅入鬘帯、摺箔 紅入縫箔、白水衣、紅入腰帯、鬘扇、水桶
ワキ 旅の僧
装束:角帽子・無地熨斗目・水衣、緞子腰帯、墨絵扇、数珠
アイ 須磨の浦人
装束:長裃
■作物  松立木 汐汲車

■あらすじ

旅の僧が摂津国(兵庫県)須磨の浦を訪れると、訳ありげな一本の松があるので、浦に住む者に尋ねる。

在原行平の寵愛を受けた松風・村雨の姉妹の旧跡であると聞き跡を弔い、夕方になって来たので、塩屋に宿を借りる。月の美しいその夜、二人の海女が汐汲み車を引きながら夜景をめでて塩屋に帰ってきた。僧が宿泊を頼み松風、村雨を弔ったことを話すと、涙ながらに自分たちは姉妹の霊であることを明かし、行平との思い出を物語る。姉、松風は形見の烏帽子と狩衣をまとい、激しい恋慕の情にかられ舞を舞い、松を行平と思い寄り添う。弔いを頼み二人は消えうせ、僧の夢が覚めると松風だけが吹いていた。

■舞台展開

  1. 西国へ赴いた旅の僧(ワキ)が須磨の浦に着いた事を述べ、様ありげな松について尋ねる。
  2. 浦人(アイ)が登場し、松は在原行平を愛した松風村雨の旧跡であると語り、旅の僧は弔いをして近くの塩屋に宿を借りるために立ち寄る。
  3. 舞台に後見によって汐汲車が出される。汐桶を手にした二人の海士(シテ・ツレ)が現れる。秋夜の月によせて語り汐を汲み、田鶴を眺め月の影を桶に移すなど美しく謡い、所作をする。
  4. やがて汐汲車を引き海士たちが塩屋に帰ると旅の僧が宿を乞う。見苦しいと一旦は断るが僧と知って招き入れる。
  5. 僧が松の事を浦人から聞き弔いをしたと語ると、二人は涙を見せる。不審に思って尋ねると松風村雨の幽霊だ明かし、行平への恋慕の情を訴え弔いを頼む。
  6. 行平の形見である狩衣と烏帽子を見て想いを募らせ、形見の衣を抱き寄せ涙に伏す。
  7. 烏帽子に狩衣姿になった松風は狂乱の恋心故に松を行平と思い込み、村雨の諭しにも応えず、懐かしい君を想い舞を舞い松を抱き、僧に弔いを乞い帰っていく。朝には松風だけが吹いていた。

このページのTOPへ

曲目解説