采女 ― うぬめ ―

  • 作者 世阿弥
  • 素材 『大和物語
  • 場所 大和国 春日(現・奈良市登大路猿沢の池)
  • 季節 春
  • 演能時間 1時間45分〜2時間
  • 分類 3番目 鬘物

■登場人物

采女
前シテ・・・里女
面:深井若女小面の類
装束:摺箔、紅入唐織、木葉、鬘扇
後シテ・・・身を投げた采女の霊
面:若女、小面、深井の類
装束:摺箔、緋大口、長絹、鬘扇
ワキ・・・旅僧
角帽子、小格子厚板、白大口、水衣、数珠、墨絵扇
ワキツレ・・・従僧
角帽子、無地熨斗目白大口、縷水衣、数珠、墨絵扇
アイ・・・里人
装束:長上下

■小書

美奈保之伝(観世)、平調返(観世)、干之掛(観世・金剛)、彩色(金剛・喜多)

■舞台展開

  1. ワキ(旅僧)の登場。諸国一見の僧が奈良・春日の里へとやってくる。
  2. シテ(里女)の登場。春日の里の、のどけさを謳い上げ、草木の茂った山に尚植樹をする。
  3. 僧の問いに、藤原氏が河内よりこの春日山に神を移し、末長い繁栄を祈ったことを語り、三笠山には鷲御山と同じと、辺りの月景を愛でる。
  4. 女は僧を猿沢の池へ伴い、池の辺りで経を読んでほしいと言う。僧が誰への回向なのかを尋ねると、昔、采女が帝の寵愛を失って池に身を投げたことを述べる。そして、自分は采女の幽霊だと明かし池の底へと消える。
  5. 里人が現れ、僧から女性のことを聞くと、それは采女の霊であるからと僧に弔いをするように勧める。
  6. 夜、僧が池の辺で弔いをしていると、采女の霊が現れ、弔いに感謝する。
  7. 采女が王の御心を和げた話など様々な采女のことを語りながら舞う。
  8. 采女の霊は、昔、宮廷の宴での遊楽を思い出して舞を舞う。
  9. 御代を祝し、よく弔ってくれるよう頼み、また池の底へと消えていく。

このページのTOPへ

曲目解説