大江山 ― おおえやま ―

  • 素材 『大江山絵詞』
  • 場所 丹波国大江山
  • 季節 秋
  • 時 平安時代
  • 演能時間 約1時間
  • 分類 鬼神物

■登場人物

前シテ・・・酒呑童子
面:童子・黒頭
装束:厚板、半切、扇、(鹿背杖)
後シテ・・・鬼神
面:
装束:赤頭、紅入段厚板、半切、法被・又は裳着胴にも、打杖
前ワキ・・・源頼光
装束:兜巾・篠懸、厚板、白大口水衣、小刀、山伏扇、刺高数珠
後ワキ・・・源頼光
装束:厚板、白大口法被、太刀、松明
前ワキツレ・・・独武者、従者
装束:兜巾・篠懸、厚板、白大口、縷水衣、小刀、山伏扇、刺高数珠
後ワキツレ・・・独武者、従者
装束:厚板、白大口、側次、太刀
アイ・・・強力
装束:厚板、括袴
アイ・・・濯女
装束:美男かづら、縫箔
■ 作り物
一畳臺、大屋臺

■あらすじ

丹波国大江山の鬼退治の勅命を受けた源頼光の一行は、山伏に扮して酒呑童子の隠れ家に一夜の宿を求める。「私が酒呑童子と呼ばれるのは酒が好きなためで、酒ほど好いものはない」と言っては上機嫌で一行に酒を勧め、重代の住家としていた比叡山を追われて、国々山々を転々とめぐり、この地に隠れ住むようになった次第を語る。やがてこの隠れ家を他言してくださるなと固く約束し、酒に酔い伏しそのまま寝床へ行ってしまった。
頃を見計らい、頼光がその閨の中をうかがうと、酒呑童子は恐ろしい鬼神の正体を露呈しながら眠っていた。頼光は独武者とともに鬼神に斬りかかり、ついには首を打ち落とし、都へ帰るのである。

■小書

替え型(観世流)

■舞台展開

《前場》

  1. [頼光と従者の登場]
    勅命を受け、大江山にすむ鬼神退治にやってきた頼光(ワキ)・従者(ワキツレ)の登場。山伏に変装し丹波の山に分け入り、道に迷ったふりをして、酒呑童子の住み家に一夜の宿を求める。
  2. [強力と女の会話]
    強力が様子を伺うと、折節都で知り合った女が川で洗濯をしているのを見つけ、女に酒呑童子へのとりなしを頼む。
  3. [酒呑童子の登場]
    女(アイ)が酒呑童子(シテ)に山伏の一行の到着を告げると、「出家の方には手出しをしないと誓っているのだ」と一行が中門の脇の廊に泊まることを許す。
  4. [酒呑童子と頼光らの会話]
    私が酒呑童子と呼ばれるのは酒が好きなためで、酒ほど楽しいものはない。と言いながら山伏たちに酒を勧める。
  5. [大江山を棲み家とした経由]
    重代の住み家としていた比叡山を追われ、転々と居を移しながら、大江山に隠れ住むにいたった経緯を話し、くれぐれもこの隠れ家を他言してくれるな、と山伏たちと固い約束を交わす。
  6. [酒呑童子と頼光らの酒宴]
    宴会は盛り上がり、酒呑童子もおぼつかない足許で舞い出すが、やがて酔っぱらい、そのまま閨に入ってしまう。
  7. [強力と女の掛け合い]
    強力は女から酒呑童子の閨の鍵を貰い、そして一緒に都へ帰ろうと話し合う。

《後場》

  1. [頼光らの襲撃]
    夜も更けた頃、酒呑童子の閨に攻め込んだ頼光らは、鬼神の姿に戻り寝ている酒呑童子に切りかかる。
  2. [酒呑童子の反撃と最期]
    好意を裏切られた酒呑童子は怒り狂い、頼光らに反撃するが、やがては組み伏せられ、首を打ち落とされる。

このページのTOPへ

曲目解説