井筒 ― いづつ ―

  • 作者 世阿弥
  • 素材 『伊勢物語
  • 場所 大和国、在原寺(現・奈良県天理市櫟本町)
  • 季節 秋
  • 演能時間 約1時間45分
  • 分類 三番目物

■登場人物

前シテ・・・里女

面:小面・若女の類
装束:摺箔、紅入唐織

後シテ・・・有常の娘

面:小面
装束:初冠、長絹、縫箔腰巻・鬘扇

ワキ・・・旅僧

装束:角帽子、 無地熨斗目水衣・数珠

アイ・・・里人

装束:長上下

■あらすじ

諸国一見を志す旅僧が奈良から初瀬へ参る途中、在原寺を訪れ、業平夫妻の跡を弔っているところへ里女が現れる。 里女は僧に問われるままに業平と有常の娘との恋物語などを語り、自分こそが井筒の女と呼ばれた有常の娘であると言い残して、井筒の陰へと姿を消す。 僧は回向し、夢での再会を期待しつつ仮寝していると、有常の娘の霊が業平の形見を身に着けて現れ、恋慕の舞を舞い、我が姿を井筒の水に映して業平の面影を懐かしむ。 やがて夜明けとともに、その姿は消え、僧の夢も覚めるのだった。夫の装束を着、一体化した娘は、井戸をのぞき込み感極まる。

■みどころ

後シテの装束、初冠・長絹は男装束であり、井筒では業平の形見を着て現れる。

■ワンポイントアドバイス 

在原業平
・筒井筒 井筒にかけし まろがたけ 生ひにけらしな 妹見ざる間に

紀有常の娘
・比べ来し 振分髪も 肩過ぎぬ 君ならずして 誰かあぐべき

業平と有常の娘は、幼い頃は井筒のそばで遊んでいた仲であったのが、やがて恋となり、歌を詠み交わして夫婦となった。 有常の娘はこの歌が有名で『井筒の女』と呼ばれるようになる。 これらの相聞歌は『伊勢物語』に出てくる。

■小書

刻詰之次第(観世)、下略之留(観世)、三度返之次第(観世)、彩色(観世)
物着(観世・宝生・金剛・喜多)、段之序(金剛・喜多)、古比之舞(金剛)

■舞台展開

  1. 後見によって薄をつけた井筒の作り物が出される。
  2. 旅僧の登場。諸国一見を志す僧が在原寺を訪れ、業平とその妻を弔う。
  3. 淋しい秋の夜の古寺。里女の登場。辺りの情景や仏の救いを求める心を述べ女は井戸の水を汲んで古塚に手向けている。
  4. 僧が女の素性を尋ねると、女は古塚が業平の墓であることを教えるので、業平の縁があるのかと問うと、所縁はないというが・・・。
  5. 僧が問うと、女は問われるままに、業平の高安通いの話、筒井筒の話、業平と有常の娘の恋物語を述べる。
  6. 里女は、自分こそ井筒の女と呼ばれた有常の娘だと名乗り、井筒の蔭に姿を消す。
  7. 僧は里人から業平夫婦の話、有常の娘のことを聞き、回向を勧められる。
  8. 僧は回向をし夢の出会いを期待して仮寝する。
  9. 有常の娘の霊が、業平の形見を身にまとって現れ、舞を舞い、姿を井筒の水に映し業平の面影を懐かしむが、夜明けとともに消え失せ、僧の夢も覚める。

このページのTOPへ

曲目解説