碇潜 ― いかりかづき ―

  • 作者 金春禅鳳
  • 素材 『平家物語』巻十一
  • 場所 長門国・早鞆の浦(現・山口県下関市壇ノ浦)
  • 季節 不定
  • 演能時間 約1時間
  • 分類 5番目 執心物

■登場人物

前シテ・・・尉(舟夫)
面:笑尉・三光尉・朝倉尉
装束:無地熨斗目、・ 水衣 着流
後シテ・・・平知盛の霊
面:怪士または三明の類
装束:黒頭、厚板、半切、単狩衣、長刀・太刀・修羅扇
ワキ・・・旅僧
装束:無地熨斗目水衣、角帽子・数珠・経巻
アイ・・・早鞆の浦の漁師
装束:肩衣、半袴

■あらすじ

早鞆の浦(壇ノ浦)で滅びた平家一門を弔う為、都より僧がやってくる。通りかかった漁師の船に便船し、源平合戦の物語りを所望する。漁師は、壇ノ浦での教経、安芸兄弟の最期の様子を語って見せ消えて行く。―跡を弔っていると、平知盛の霊が現れ、長刀を振るって奮戦した様子、碇を戴いて海底に沈んで行った最期の様を見せる。

■ワンポイントアドバイス

この曲は金春禅鳳の作で、その原作の詞章等が残っており、大槻能楽堂 研究公演にて復原上演されている。それによると前半に安芸太郎、次郎とおぼしきツレが2人出る。
後半には安徳天皇(子方)二位尼、大納言局(ツレ)が出て、舞台には大屋形船、碇の作り物が出される。詞章も大幅に変わる。

■小書

船出之習(観世)

■舞台展開

  1. 旅僧(ワキ)の登場。平家一門を弔う為、都から九州・早鞆の浦へとやってくる。
  2. 漁師の船が通りかかり(シテ登場)、僧は、法華経読誦を船賃の代わりにすることで便船する。
  3. 船が着き、僧が漁師に源平の合戦の様を物語ってほしいと所望する。漁師は壇ノ浦での能登守教経・安芸兄弟と九郎判官との奮戦、最期の様子を語って見せ、消えて行く。僧は、あの人々は幽霊だったさとり、跡を弔う。
  4. 早鞆の浦の漁師(アイ)が登場。僧に早鞆で源平最後の合戦があり、平家一門が滅んだこと、二位尼、安徳天皇、大納言局の最後が哀れを留めたことなどを語り、僧に回向を勧める。
    ・後見によって大屋形船に見立てた作り物が出される。
  5. 夜、僧が平家一門を弔っていると、平知盛の霊(シテ)が現れる
  6. 平知盛の霊は長刀を振るって奮戦した合戦の様[舞働]、碇を兜の上に戴いて海底に沈んだ最期を見せて、消えて行く。

曲目解説