芦刈 ― あしかり ―

  • 作者 世阿弥改作
  • 素材 『拾遺集』『大和物語』『源平盛衰記』
  • 場所 摂津・難波ノ浦(大阪府東大阪市)
  • 季節 春
  • 演能時間 約1時間30分
  • 分類 4番目物 現在物

■登場人物

シテ・・・日下左衛門

面:直面
装束:段熨斗目・白大口水衣・男笠・竹に掉した芦・男扇
   ・物着に水衣脱ぎ掛直垂・侍烏帽子を着る・神扇

ツレ・・・左衛門の妻

面:小面
装束:紅入唐織-着流

ワキ・・・従者

装束:段熨斗目、素襖上下

ワキツレ・・・供人

装束:段熨斗目、素襖上下

アイ・・・難波の里人

装束:長裃

■あらすじ

津の国・日下の左衛門は貧乏で夫婦別れをせざるをえなかった。妻は都で貴人に乳母として 仕え生活も安定し、ある日従者を伴い里帰りに難波の浦へ戻り夫の行方を尋ねる。そこへ 落ちぶれて芦売りとなった夫が現れ、妻の一行とは知らず面白く囃しながら芦を売り、昔仁徳 天皇の皇居があった御津の浜の由来を語り笠尽しの舞<笠之段>を見せる。やがて芦を手渡す 所で妻だと気付き、己の有様を恥じ身を隠す。妻は自ら夫の心を解きほぐし和歌を詠み交わし 別離後の恋しさを語り合い、めでたく再会を果たす。男は装いも新たにして和歌の功徳を称え 祝儀の舞<男舞>を舞い、夫婦仲良く連れ立って都へ向かう。

■みどころ

和歌の徳で夫婦めでたく再縁を果たすのが主題。 零落した夫と妻の出会いが山場であるが、御津の浜の網引きと笠踊りをうまく舞台芸に 取り入れている。シテの物着によって自然と2場に分かれ、前半では物狂いの登場で<カケリ> <名所教え><笠之段>、後半では<男舞>と盛沢山の見せ場で構成されている。

■小書

なし

曲目解説