能楽師紹介 シテ方 分林道治 わけばやしみちはる

氏名 分林 道治 わけばやし みちはる
本名  
流儀 観世流シテ方
生年月日 1967年 11月 3日
出身:在住所   : 京都市
出身校 国立東京藝術大学音楽学部邦楽科
師名 故祖父分林保三・父分林弘一・片山九郎右衛門
役職 NHK京都文化センター講師
学校法人燈影学園非常勤講師
所属 社団法人京都観世会・(社)能楽協会京都支部
主催会 真謡会・分林後援会・初桜能
芸歴 入門 :1980年(養成会)
初舞台:1971年 演目「仕舞・玄象」 (4歳)
初能 :1978年 演目「岩船」    (11歳)
独立 :1994年
披曲 :石橋・猩々乱・千歳・道成寺
海外公演歴 アメリカ、フランス、スイス、ドイツ
趣味 釣 謡跡巡り
座右の銘 有言実行
一番好きな能 道成寺
印象に残った舞台 片山別会「道成寺」 社の会「忠度」
失敗談 書生中に師匠の車を3回コスったこと
苦手な物 数学
好きな食べ物 鴨鍋
一番行きたい場所 中尊寺
PRを一文 京阪神を中心に活動しています

このページのTOPへ

公演情報[Schedule]