能楽師紹介 シテ方 浦田保親 うらたやすちか

氏名 浦田 保親 うらた やすちか
流儀 観世流シテ方
生年月日 1967年
出身:在住所 京都市出身
師名 父及び大槻文藏師
役職 京都能楽会理事
主催会 「浦田能」「浦声会」等
芸歴 三歳 仕舞「春榮」で初舞台
十歳 「猩々」で初シテ
その後演じた主な大曲「石橋」「猩々乱」「道成寺」「望月」「翁」等
1994年 兄保浩・谷口有辞(大鼓)・曽和尚靖(小鼓)・茂山正邦(狂言)と共に、メンバーの技芸の向上と能狂言の更なる普及を目的に、能狂言グループ「心味の会」を結成。わかり易い解説をつけた能狂言公演や、照明を使った演能、英語によるセミナー、学校や幼稚園での講演、実演・体験を交えたワークショップ等各地で開催。
1999年にスペインの国際音楽祭に「心味の会」として参加する
2005年京都芸術センター主催「継ぐこと伝えること番外編」にてダンサーや役者の方々とのコラボレーション演劇『青頭巾』に主演する
2006年島根県に残っていた謡「石見銀」を能として改作された、能「石見銀山」のシテを演ずる
札幌・岐阜・京都・大阪・神戸・奈良に教室をひらき、愛好者に指導京都橘大学能楽部の講師も勤めている。
海外公演歴 イギリス・アメリカ・ギリシャ・モンゴル・スペイン等

このページのTOPへ

公演情報[Schedule]