能楽師紹介 シテ方 大槻文藏 おおつきぶんぞう

                    
氏名 大槻 文藏 おおつき ぶんぞう
流儀 観世流シテ方
生年月日 1942年9月25日
出身:在住所 大阪:大阪
師名 祖父・故大槻十三、父・故大槻秀夫、故観世寿夫、故八世観世銕之亟
役職 大阪文化芸能国民健康保険組合 理事長
(公社)能楽協会大阪支部支部長
大阪能楽養成会副会長
(公財)大槻能楽堂理事長
表彰 昭和53年『大阪文化祭奨励賞』
昭和60年『大阪府民劇場奨励賞』
昭和63年『大阪文化祭賞』
平成8年『松尾芸能賞優秀賞』
平成9年『読売演劇大賞優秀男優賞』
平成10年『文化庁芸術祭優秀賞』
平成10年『観世寿夫記念法政大学能楽賞』
平成11年『大阪芸術賞』
平成11年『芸術選奨文部大臣賞』
平成14年度『紫綬褒章』
平成18年度、大阪市『大阪文化祭賞グランプリ』、大阪府『大阪舞台芸術賞』を受賞。
平成25年度、 旭日小綬章受賞。
芸歴 昭和22年、『鞍馬天狗』稚児にて初舞台
昭和30年『鷺』、昭和37年『道成寺』、昭和44年『望月』、昭和57年『恋重荷』、平成元年『卒都婆小町』、平成2年『朝長・懺法』、平成10年『檜垣』、平成24年『姨捨』など披く

このページのTOPへ

公演情報[Schedule]