能楽事典[Encyclopedia]

女 Women女 Women

若い女 Young

小面 Koomote 小面 Koomote
若い女性。可憐で優しい純真な美女。能面の中でも代表作品。
女面は中間表情といって喜怒哀楽が定まらず微妙な動きで様々な変化が見られる。
使用曲目:『東北』『井筒

若女 Wakaonna 若女 Wakaonna
小面よりやや年上。端麗な美女。
使用曲目:『野宮』『松風

孫次郎 Magojiroh 孫次郎 Magojiroh
小面に比べ成熟した女。
使用曲目:『熊野』『松風

節木増 Fushikizoh 節木増 Fushikizoh
目と鼻の接点に節があったことから。
使用曲目:『熊野』『松風

万媚 Manbi 万媚 Manbi
小面の類型であるが、小面より艶っぽい色気のある女性。 目元口元に媚びを含むところから名がつく。
使用曲目:『熊野』『江口』

増女 Zohonna 増女 Zohonna
気高く神聖なイメージの女性。増阿彌が創出した女面。 年は少し上。憂いを含み引き締まった顔立ち。天女や神女の類に使用。
使用曲目:『熊野』『江口』

近江女 Oumionna 近江女 Oumionna
成熟した女、情と執心を持つ女。
使用曲目:『道成寺』『海士

増髪 Masugami 増髪 Masugami
神懸り的な要素を持つ女性。狂乱の相もあり。眉の上と頬に笑窪のような窪みがある。
使用曲目:『浮舟』『巻絹』『蝉丸

中年 Middle Age

深井 Fukai 深井 Fukai
人生経験を経た年のいった中年女。顔の中央がしゃくれている。 眼差しは憂いを含み慈愛深い表情。子を失った母としての狂女物にもよく使用する。
使用曲目:『三井寺』『隅田川』『桜川』『百萬

曲見 Shakumi 曲見 Shakumi
顔の中央がしゃくれている。深井と全く同じ使用。
使用曲目:『三井寺』『隅田川

老いた女 Old

姥 Uba 姥 Uba
年老いた女。比較的多くの曲に使用される。表情も様々である。
使用曲目:『姨捨』『関寺小町』

老女 Rohjo 老女 Rohjo
使用曲目:『卒塔婆小町』『関寺小町』

※江戸時代の式楽であった頃より以降、若い女性面を使うシテは、観世流は若女、宝生流は節木増、金剛流は孫次郎、金春流・喜多流は小面、又、中年の女性では、観世流・宝生流は深井、金春流・金剛流・喜多流は曲見を使っていたが、近年では必ずしもそうではなく、使われてもいる。