能楽事典[Encyclopedia]

翁

翁(白式尉)Okina
翁は能にして能にあらず。最も古くから存在する、神の面として神聖視されている。知恵と安らぎの象徴で皺がくっきりと描かれているのにふくよかな表情。下顎が切り離してある切り顎。この切り顎は翁系の3面のみで他には見られない。白式尉は翁のシテ、黒式尉は狂言の三番叟(三番三)が使用する。
使用曲目:翁のシテ 翁

父尉 Chichinojoh
老人を表すが、目が吊上がりキリッとした表情。翁の十二月往来の時に使用される。十二月を祝う祝詞(ことほぎ)の演出。
使用曲目:十二月往来での翁のシテ 父尉

延命冠者 Enmeikaja
父尉と同じく十二月往来の時のツレが使用する面。切り顎ではない。若者の面。父尉の子供と考えられている。
使用曲目:十二月往来での翁のツレ延命冠者