能楽事典[Encyclopedia]

男 Men男 Men

武将 Busho

中将 Cyujoh 中将 Cyujoh
品位のある公家、中年の公達などに使用。中将在原業平の表情を写したものと言われている。 眉墨をつけて口元は女面の形式に近い。柔らかさが表現されている。
使用曲目:『清経』『通盛』『忠度』『雲院林』『

十六 Juuroku 十六 Juuroku
若い武将。平家の公達、16歳の敦盛を写す。多情多感な青年の内面をかもしだし 女面のように上品。
使用曲目:『敦盛』『朝長』『経正』

平太 Heita 平太 Heita
力強い武将。荏柄の平太胤長の面影を写すといわれる。 鼻下のピンとした鬚はたくましさを強調している。怪士の造形に似ているが、 人間なので眼に金は入らない。
使用曲目:『屋島』『田村』『兼平』『箙』

頼政 Yorimasa 頼政 Yorimasa
頼政の専用面: 源三位頼政の亡霊 源氏再興の謀反を起こした老将。 眼には恨みを表す金が入り血管が浮き、無念の思いが表現されている。
使用曲目:『頼政

少年 Boy

童子 Douji 童子 Douji
少年役。女面のように美しく儚く表現されている。 高い位置にある眉と額に垂れ下がる前髪が神秘的。
使用曲目:『天鼓』『菊慈童』『田村』『小鍛冶』

喝食 Kasshiki 喝食 Kasshiki
年若い剃髪していない修行僧。禅寺で食膳を司る少年風に髪が おかっぱで銀杏型に描いているのが特徴。眼が内省的である。 前髪の大きさによって分類することもある。
使用曲目:『花月』『自然居士

盲目 Blind

景清 Kagekiyo 景清 Kagekiyo
景清の専用面: 平家の侍、悪七兵衛景清の低落した面。 勇将景清が頼朝暗殺に失敗。源氏の世を否定し自ら目を突いて盲目になったが、 なお覇気を感じさせる表情。
使用曲目:『景清

弱法師 Yoroboshi 弱法師 Yoroboshi
弱法師の専用面: 少年弱法師 頭髪の乱れを強調。家を追われ悲しみゆえに盲目となり、乞食に身を落としながらも万木青山を心に感じる多感な少年。
使用曲目:『弱法師』

蝉丸 Semimaru 蝉丸 Semimaru
蝉丸の専用面: 弱法師と同じ年の若い盲目面であるが、 頭部を冠型に作り品位の違いを明らかにしている。 醍醐天皇の皇子だが盲目で捨てられる。上品で憂いがある。

その他 Others

邯鄲男 Kantanotoko 邯鄲男 Kantanotoko
人生に迷った男、邯鄲。眉間に八の字皺が描かれ思索を廻らす哲学青年を表現。 また憂いがあるので若い神にも使用。
使用曲目:『邯鄲』

俊寛 Syunkan 俊寛 Syunkan
俊寛の専用面: 鬼界ケ島に流された俊寛僧都。頬がこけやつれた表情を強調している。
使用曲目:『俊寛