能楽事典[Encyclopedia]

尉 Joh尉 Joh

老体

小牛尉 Koushijoh 小牛尉 Koushijoh
神を扱った能で前半のシテに使用。尉の中でも最も端正で品格があり、 神の化身を表す老人の相。創作者『小牛清光』から名がつく。
使用曲目:『難波』『老松』『高砂』『弓八幡』

阿瘤尉 Akobujoh 阿瘤尉 Akobujoh
憂いを持った柔和な老人。現実的な老人に使用される。
使用曲目:『天鼓』『木賊』

三光尉 Sankoujoh 三光尉 Sankoujoh
類型:朝倉尉 Asakurajoh・笑尉 Waraijoh
庶民的な顔立ちっだが、少々威張った雰囲気もある。 山賤・木こり・塩汲など前シテに使用することが多い。 三光尉は三光坊の創作した尉なので名が付く。 笑尉:笑いを含んだような表情から名が付く。 木こり・漁夫など品格の低い老人を現す場合に使用。
使用曲目:『屋島』『』『兼平』『国栖』『野守』『鵜飼』『阿漕

舞を舞う老体

皺尉 Shiwajoh 皺尉 Shiwajoh
類型:舞尉 Maijoh ・石王尉 Ishiohjoh
老いた植物の精、老体の神。皺が深く舞を舞う尉。 阿瘤・朝倉・三光・笑の現実的な眼差しに対して、皺・舞・石王は内省的な眼差しで舞を舞う、いずれも穏やかな老人。 石王兵衛という室町時代の面打が創出した舞尉。
使用曲目:『西行桜』『遊行柳』『白楽天』『放生川』

威厳に満ちた強い老人

大悪尉 Ooakujoh 大悪尉 Ooakujoh
強く恐ろしい雰囲気の老人。悪とは強いとか存在の大きなという意味。 尉ではあるが、強い表情で尉面独特の頭髪は無く、鼻下や顎に白い植毛がある。造形的には鬼人面に近い。
使用曲目:『張良』『鞍馬天狗』『玉井』

鼻瘤悪尉 Hanakobuakujoh 鼻瘤悪尉 Hanakobuakujoh
鼻に瘤がある恐ろしげな老人。人間を超越したところの存在であり、 神や異国の人物などに使われる。特殊演出の白頭の時などにも使用。
使用曲目:『白鬚』『寝覚』『大社』

茗荷悪尉 Myohgaakujoh 茗荷悪尉 Myohgaakujoh
大悪尉・鼻瘤悪尉と同じであるが、茗荷のような眼に耳が無いのが
特徴。
使用曲目:『道明寺』『白鬚』

べし見悪尉 べし見悪尉 Beshimiakujoh
口をへの字に結んだ老人。大べし見より強い超能力を持つ大天狗など。 重々しい特殊演出の時などに使用。
使用曲目:『氷室』

※他に鬚べし見、小悪尉、鷲鼻悪尉などがある。