能楽事典[Encyclopedia]

怨霊 Ghost怨霊 Ghost

男 Men

痩男 Yaseotoko 痩男 Yaseotoko
死後、地獄の苦しみを訴えている男。殺生の業を背負った猟師や漁夫の亡霊に多く使用。 死相を現している。
使用曲目:『通小町』『藤戸』『善知鳥

蛙 Kawazu 蛙 Kawazu
痩男系の1種。水死人の相を写したと言われる所から名がつく。漁夫の霊など。
使用曲目:『阿漕』『藤戸

怪士 Ayakashi 怪士 Ayakashi
怨念を持つ男の亡霊。霊的な力を持った神や妖怪。 目元に恨みが表現され、使用曲に幅がある。
使用曲目:『船弁慶』『松虫』

鷹 Taka 鷹 Taka
精悍な表情の男の怨念。

一角仙人 Ikkakusennin 一角仙人 Ikkakusennin
一角仙人の専用面:鹿の胎内に宿り出生したので額に角がある。山にこもる仙人。

女 Women

痩女 Yaseonna 痩女 Yaseonna
痩せこけた表情の女。精神的な苦痛を持つ女性、死後、この世に妄執を訴えて出てくる女。
使用曲目:『定家』『砧』

泥眼 Deigan 泥眼 Deigan
眼に金泥が塗られている。もともとは菩薩の面として、又、成仏した女の役に使われていたが、金泥に凄みがあり執念を持つ女にも使われるようになった。
使用曲目:『定家』『砧』

橋姫 Hashihime 橋姫 Hashihime
恨みを持った女。嫉妬による怨念を持った女。
使用曲目:『鉄輪』『橋姫』

般若 Hannya 般若 Hannya
嫉妬に苦しみ訴える女。般若は彩色で3種類に分類され、役柄によって違う。白が上品で控えめに表現され葵上など高貴な女の嫉妬、赤が中品で道成寺、黒は下品で完全な鬼に近い安達原。 いずれも耳まで裂けた口で泣いて怒った恐ろしい表情。
使用曲目:『葵上』『道成寺』『安達原