能楽事典[Encyclopedia]

装束の付け方装束の付け方

着流し(唐織着流し)
僧侶の比較的軽い場合。無地の袴に水衣、角帽子。
大口僧
僧侶の位の高い場合。大口に水衣、角帽子は特に位の高い物は、沙門という着け方をする。
脱下げ・脱掛け
着流しの右袖を脱ぎ後へ垂らす。行動性を持つ扮装。狂女など。
使用する物:唐織
壷折り
裾を膝上まで引き上げ腰で折りからげる。腰巻の上に壷折り外出着として、また大口の上に壷折り高貴な女性の正装姿となる。
使用する物:唐織・舞衣
裳着胴(もぎどう)
腰巻の上に、着付のみで上着を付けない。半裸を表す。
姥着け
胸元を広げず普通に合わせる。多くは水衣を羽織る。老女や巫女など。
使用する物:唐織・縫箔
肩脱ぎ
の袖を脱ぎ巻きたたみ後にはさむ。弓を持つ場合は左袖。
使用する物:法被
肩上る(かたげる)
両袖を紙などで芯を入れ肩へつまみ寄せ糸でかがる。
肩をとるともいう。また、紐帯などで結ぶやり方もある。
使用する物:水衣・法被・狩衣
衣紋づけ
白大口をはき直垂の上だけを着る。
使用する物:狩衣(袷)
掛直垂
普段着の姿。最も一般的。
使用する物:直垂
掛素袍
大口をはき素袍の上だけを着る。多くは旅装を表す。
使用する物:素袍