能楽事典[Encyclopedia]

世阿弥世阿弥

本名:世阿弥元清(1363-1443?)

父、観阿弥(1333−1384)は大和(奈良)の結崎座の座員。 時は南北朝。鎌倉幕府が滅びたあと、そう、足利将軍の時代、室町時代。 結崎座の人気役者の息子として生まれた世阿弥は今人気の綺麗な男の子。 すっかり時の将軍義満に見初められ可愛がられたのです。 でも、ただの美少年ではなく、役者としても作者としても才能豊かな能役者。 「花の御所サロン」といえるような雅な文化的な環境で、 幽玄の美を追求した優れた曲を数多く世に残しています。

世阿弥の代表作 洗練された構成や表現方法で、夢か幻かという雰囲気の『複式夢幻能』形式は、 過去と現在・・・時間は自在に交差しうる表現法であり、 世阿弥が能の可能性を大きく見つめて精魂込めて生み出した、高度な作劇法です。

しかし今の世と同じく政治的権力に翻弄され、佐渡へ島流しになる悲運な晩年をおくりますが、 『風姿花伝』『花鏡』『申楽談義』など多くの伝書を残しています。 彼がもしいなかったら… 今の世に『能』は存在しなかったかもしれません。 2000年は世阿弥の『風姿花伝』が書かれて、なんと、ちょうど600年でした。