能楽事典[Encyclopedia]

典拠となる物語典拠となる物語

能はこんな物語からイメージを膨らませて出来ています。

源氏物語
光源氏を主人公とした恋愛小説。様々な恋のあり方、そして求めるものは?
葵上』『野宮』『半蔀』『夕顔』『浮舟』など
平家物語
中世の歴史でおごれる者は久しからず・・・と繁栄から一気に没落した有名な一族の物語。
屋島』『清経』『敦盛』『忠度』『熊野』『』『船弁慶』など
義経記
平家打倒、そして追われる身となった判官九郎義経を主人公に描いた記録読物。
安宅』『摂待』『吉野静』『烏帽子折』など
伊勢物語
語り継がれてきた歌物語を在原業平の一代記に仕立てた物語。
恋、愛、友情、親子の情などをテーマにした、美しい短編集。
井筒』『杜若』『雲林院』など
大和物語
平安時代の雅な貴族社会の歌語りや和歌にまつわる説話を集めた歌物語。
求塚』『采女』『姨捨』など
今昔物語
「今ハ昔…」と始まる、全31巻の説話集。インド・中国・日本の三国の約1000余りの説話が収録。
道成寺』『田村』『昭君』『一角仙人』『善界』など
曽我物語
父を亡くした曽我十郎祐成(すけなり)と曽我五郎時致(ときむね)の敵討ちのお話。
『小袖曽我』『夜討曽我』